政治経済から今晩のおかずまで。様々の情報を噛み砕いて解説。

サメの甘噛みBLOG

広告2



アドセンス


政治社会ネタ

憲法改正 安倍案には反対

投稿日:

もちろん、私個人の意見であるということを前置きしまして、私は憲法改正自体には反対ではないのですが、憲法九条第二項に自衛隊を明記することのために憲法改正するのはまったく意味がないと思うのです。

自衛隊が違憲であるという人や憲法学者は多いのですが、そもそも、そのことがよくわからない。憲法九条を普通に読めば自衛隊が違憲じゃないことはわかるし、そもそも、砂川事件等で自衛隊は少なくとも違憲ではないという最高裁の判決も出ているのです。

もし、憲法九条に芦田修正がなければ違憲だったかもしれなかった。芦田修正について、ここで説明するのは長くなるので省くので、個々で検索してもらいたいですが、”陸海空軍その他の戦力は、これを保持してはならない”の前に”前項の目的を達するため”という文言が付け加えられたのがポイントです。前項の目的とは一項で出てくる”国際紛争を解決する手段”のことで、紛争を解決する武力行使や侵略戦争をするために陸海空軍その他の戦力を持ってはいけないのであって、自衛のための軍も戦力も持っていということが解釈できるわけです。

そもそも、自衛権は国がもつ最低限度の権利であり、国民の生命と財産を他国から守ることは国が持つ最大の義務なのであります。だから、本当は拉致被害があった場合、日本は自衛隊を使って取り返さなければならなかったともいえるのです。

だから、そもそも、自衛隊だろうが自衛軍だろうが国防軍だろうが、名前はなんとでも言ってもいいのです。だめなのはあくまでも侵略戦争のための軍を持つことで、自衛軍は持っていいのです。だから、憲法改正するなら、もっとわかりやすく、侵略戦争のための軍は持たない、自衛のための軍を持つと書くのはいいと思います。

憲法改正なんて何度も短期間にできるものではない。だから、憲法改正のチャンスが今であるならば、自衛隊を明記するなんてことではなく、もっとちゃんとした改正をしてもらいたいのです。そして、自衛隊は警察の予備の部隊のような位置づけなのではなく、国内でも国外でも軍して胸を張ってほしいと思います。そして、しっかりとした軍法を作り、できる権限とやってはいけないことをしっかりと法で縛ることが大事だと思います。



広告2



-政治社会ネタ

Copyright© サメの甘噛みBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.